外壁塗装の色選び

お問い合わせはこちら

ブログ

外壁塗装の色選び

2024/02/23

外壁塗装の色を選ぶ際に考慮すべきいくつかの要因があります。色選びは重要な決定で、建物の外観や雰囲気に大きな影響を与えます。

まず、周囲の環境や建物のスタイルに合わせるが大切で、以下のポイントも考慮してみてください。

目次

    建物のスタイルと周囲の環境

    建物のデザインや周囲の景観に合わせて色を選びます。周りの自然環境や他の建物との調和を考慮しましょう。

    過度なコントラストや異質な色を選ぶと、周囲との調和が崩れて浮いた感じに見えてしまいます。

    例えば、建物が伝統的なスタイルであればクラシカルな色調が適していたり、モダンなデザインの場合は洗練された中立色が良い場合もあります。

    気候と光の影響

    地域の気候条件に合った耐久性のある塗料を選びます。強い日差しや降雨量などの影響を考慮しましょう。

    周りに太陽光を遮る物が無くて、一年中さらされる場合は色あせにくい塗料や明るい色、UVカット効果のある塗料が適しています。

    この時に気を付けたいのは、色の組み合わせです。

    外壁、屋根、トリムなどの部分の色の組み合わせに気を付けて、調和のとれた色合いで統一感を持たせることが重要です。

     

    試料やサンプルの利用

    塗装業者が提供する試料やサンプル、カラーシミュレーションを活用して、実際の外壁に試し塗りをしてもらいイメージを膨らませましょう。

    色には感情や印象を与える力があります。青系は冷静で安らぎをもたらし、赤系は温かみを感じさせます。自分の好みや建物のイメージに合った色を選びます。

     

    注意点として試し塗りして検討する場合、朝、昼、夕や天候によって色の見え方が違います。一日を通して確認し、色々な光条件で確認してみましょう。また、現場の光や周囲の色と一緒に見ることで、より正確な印象が得られます。

    将来的なメンテナンス

    流行りの色や好みの色で塗装する際に大切なことは、将来的なことも考えて色を決めていくことです。

    塗装をしたら10数年は、その色と付き合うことになるので、耐久性のある塗料を選びメンテナンスや塗り替えの際にも色の変化が少ないものを検討しましょう。

     

    地域の建築基準

    地域によっては建築基準や規制があるところもあります。

    色の選定に関するガイドラインがあればそれに従いましょう。

    まとめ

    建物の色は外観に大きな影響を与えます。

    • 建物の特性
    • 周囲の環境や気候
    • 色のコーディネート
    • テストペイント
    • 地域の建築基準
    • 将来的なメンテナンス

    これらの注意点を考慮して、色選びは慎重に行い、建物の特性や自分の好みに合わせることが大切です。迷った時は業者や専門家に相談することも一つのアプローチです。

     

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。