外壁材 「サイディング」

お問い合わせはこちら

ブログ

外壁材 「サイディング」

2023/12/13

目次

    はじめに

    こんにちは! Nagao塗装です。

     

    今回は外壁材のサイディングについて書いていこうと思います。近年では国内のほとんどの住宅で使われています。

    リフォームやメンテナンスを考えている方は是非、参考にしてください。

    サイディングの特徴

     

     サイディング外壁とは、板状のサイディングボードを張り付けた外壁です。

     サイディングの特徴

      ・ 外壁材の中で最も人気

      ・ 材料費・施工費が安い

      ・ 軽量で耐震性が高い

      ・ 既存の外壁の上に貼ってリフォームすることも多い

      ・ デザインが豊富

      

     板状の装材で仕上げ材として使われており、サイディングボードと呼ばれることもあります。耐久性や断熱性などに優れ、住宅の外装材として過半数の普及率です。

     モルタルという外壁材もあります。モルタルはセメントと砂を混ぜて水で練った素材です。

     

     

     

    サイディングの種類

     主に4種類サイディングが使用されています。

      ・ 窯業系サイディング

      ・ 金属サイディング

      ・ 樹脂サイディング

      ・ 木質系サイディング 

     

      

     

      

      

    種類別のメリット・デメリット

    窯業系サイディング

      メリット 

    窯業系サイディングは色やデザインのバリエーションが豊富で、デザインの自由度の高さは最大のメリットです。

     耐火性に優れており、不燃材料や純不燃材料として国から認められていて防火外壁材として扱われることもあるほど火に強い素材だとされています。

      大量生産に向いている外壁材のため、他の外壁材よりも価格が安い傾向にあります。
    そのため、初期費用が安いというメリットもあります。

     

       デメリット

     窯業系サイディングの主原料であるセメントは、防水性のない材質となっています。そのため、防水性を担保するためには専用の塗装が必要となります。もちろん、塗装がはがれると防水性は落ちてしまいます。

     外壁の防水性能の維持だけではなくコーキング(シーリング)部分にもメンテンナンスが必要になります 。 

    金属サイディング

       メリット

     表面が金属なので水をはじくため、凍害に強いです。

     凍害とは、外壁内部にしみ込んだ水分が凍結・膨張・破裂を繰り返すことで劣化が進む現象で水を吸収しない金属サイディングは凍害の心配がありません。

     窯業系サイディングよりも軽く、家自体への負担が少ないのも特徴です。また断熱性や耐震性が高いのもメリットです。

       

         

       デメリット

     金属自体が傷のつきやすい素材のため、鋭利なものや、風で飛んできた小石でも簡単に傷がついてしまいます。傷がつくと表面の塗膜が劣化し、サイディングそのものの劣化に繋がります。

     サビが発生しにくい合金やサビ防止の塗膜を使用している金属サイディングですが、金属であるがゆえにどうしてもサビの発生は避けられません。

     

    樹脂サイディング

       メリット

     一般的な窯業系サイディングと比べ外壁材のつなぎ目が目立ちにくく、 またコーキングのメンテナンスが無いという特長があります。

     樹脂系サイディングは色あせることがなく、他の外壁材は約10年ごとのサイクルで塗装、または目地のコーキングの補修といった手入れが必要なのに対し、その点樹脂系サイディングはメンテナンスにかかる費用が抑えられます。

       簡単に言ってしまうとメンテナンスの手間がかからないのがメリットです。

     

     

        デメリット

    流行に左右されないデザインなので、色や種類が少ない。

     他のサイディングと比べるとデザインや色のバリエーションが少ない。

      日本ではシェア率が低いので、取り扱っている会社が少ない為サイディング材の生産数が少なく施工業者がいないため、施工費が高くなる。

       メリット

      天然木が素材だけあり、木質系サイディングは熱を吸収しにくく、断熱性が高いのがメリットです。

     

     木質系サイディングなら天然の木材を使用するため、ナチュラルさと高級感があります。また、カラーリングによって仕上がりのイメージを変えれる事もできます。

     

     個人的に思う最大のメリットは木材だけがもつ独特の風合い。ナチュラルで繊細な質感は、ほかの素材での再現は難しく、経年による変化も味わいのひとつになっていきます。色合いが変化していくほどに、どんどん愛着が湧いてきます。

     

     

       デメリット

     木製なので水に弱いので、他の外壁材よりもメンテナンスの期間が短くなってしまいます。

     経年劣化の影響を受けやすく耐火性が他の外壁に比べて低く住宅が密集している地域などの準防火地域では使えない可能性があります。

     費用も天然木材を使用していることから他サイディングよりも高額な予算が必要になります。

    メンテナンス

     

     サイディングボードの塗替え目安は基本的には10年で経年劣化による状態で左右されますが遅くても20年以内に塗りかえることが必要です。

     

     雨水や湿気を吸って劣化したり、クギ周辺から割れたりといった劣化症状があり、そのままに放っておくと、耐用年数よりはやく寿命を迎えてしまいます。

     

     外壁は家の見た目を左右するので、メンテナンスをしない事で発生した汚れ・コケなどにより、美観を損ねてしまう可能性もでてきます。

    最後に

     

     サイディングはコストパフォーマンスが良く、耐久性や断熱性などに優れ、過半数の住宅の外装材として普及しています。

     

     相談、診断、お見積り無料ですので塗装に関することならどんな事でもNagao塗装にお問い合わせください。

     

     

    <個人情報の利用目的>
    お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
    ・本サービスに関する顧客管理
    ・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

    <個人情報の提供について>
    当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
    取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

    <個人情報の委託について>
    当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
    これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

    <個人情報の安全管理>
    当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

    <個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
    必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

    <個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
    当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
    ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
    個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

    お名前
    お電話番号
    メールアドレス
    ご依頼者様の住所
    施工内容
    現地調査希望日
    建物の種類
    ご依頼者様のご住所と違う場合
    ご希望の連絡方法
    その他ご意見、ご質問

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。